改善事例集

イクソブはたくさんの改善事例を持っています
事例1

スペースの悩み

事例2

資材コストの悩み

事例1:スペースの悩み
在庫スペース20%削減!!
スペースの悩み
大量に段ボールケースを使用されているA社様は資材置き場に苦労されていました。ご相談を受けたイクソブの解決策

『Aフルート(5mm厚)から
Cフルート(4mm厚)に変更』

『Cフルートの特徴』
cfの導入
AフルートとCフルートの写真比較
cfによる改善
AフルートとCフルートの写真比較
Cフルート使用による改善効果
削減イメージ
保管枚数が多いほど効果が出ます!!
この改善によりA社様は省スペースを達成し空いたスペースを有効活用することが出来ました。

お客様の現場まで足を運んで、悩みを真剣に聞き入れ寄り添うイクソブだから出来る提案です。

お客様のその現場改善 イクソブにお任せください!!

お電話でのお問い合わせ

03-3668-5131

受付時間 9:00〜17:30

(土日・祝日除く)

事例2:資材コストの悩み
資材コスト削減!!
初めてお電話を頂いた資材のコストに悩んでいるというB社様。

何を梱包するためなのか、どれぐらいコストがかかっているのか様々なヒアリングをしたイクソブの営業マンの解決策が

『ダンボールの材質の見直し』

他社にお任せで納入されたダンボールを違和感なくご使用されてましたが、イクソブの営業マンが調査すると内容物に対してダンボールの材質がオーバースペックということが発覚しました

ダンボールの材質とは

そもそもダンボールは画像のように構成されています

ダンボールの構成
このライナーと中芯の素材の組み合わせで、ダンボールを作成します。

強度が高ければ安心感も高まりますが、

お値段も上がります。

内容物に適した強度のダンボールを作成することで

コストダウンにつながります。
ライナー・中芯
今回は内容物も確認し、「耐圧強度」もしっかり調査しダンボールの材質のグレードダウンを図りました。するとお客様の資材のコストは大幅に改善しました。イクソブはダンボールのプロです。しっかりお客様に寄り添い、最適なダンボールのご提案をいたします。

コストダウンの悩み、是非一度イクソブにご相談を!!

お電話でのお問い合わせ

03-3668-5131

受付時間 9:00〜17:30

(土日・祝日除く)

その他、よくご相談いただく事例
  • ・同じ容積で安くならないかな?
  • ・運送サイズ別の箱を兼用したい
  • ・種類を減らしたい ※汎用性が効くサイズのご提案
  • ・ダンボールがよくつぶれるがどうしたら良い?
  • ・段ボールの梱包自動ラインがよく止まるがどうしたら良いか?
  • ・企業イメージの印刷色、精度の質を上げたい
  • ・短納期で欲しい
  • ・1回の量が多すぎる
  • ・スペース改善したい
  • ・ミカン箱タイプのダンボール以外の箱が欲しい
上記以外のご相談もイクソブなら解決できます!!

是非、お気軽にご相談ください!!

お電話でのお問い合わせ

03-3668-5131

受付時間 9:00〜17:30

(土日・祝日除く)